投資

【投資】投資信託で最低限これだけ覚えておけば初心者でも戦える10の用語【その5:分配金再投資】

どうも、おれんじ(OLANGE)です。

前記事はこちら↓

投資信託で最低限これだけ覚えておけば初心者でも戦える10の用語

その5「分配金再投資」

「分配金再投資」とはズバリ、「分配金を再度投資に回して複利で資産を増やす」ということです!

「分配金」と言うと少し聞き慣れないかもしれません。

でも別に難しい話ではなく、要は投資信託による運用で得られた収益の一部を投資家が受け取る、この受け取るお金のこと「分配金」と言います。

株式投資で言う所の「配当金」が、投資信託で言う所の「分配金」だとイメージすれば分かりやすいかもしれません。

よく「夢の配当金生活☆」なんて言ったりしているアレですね笑。

その「分配金」を再度投資に回すことが重要というのが今回の話です。

なお、「再度投資に回す」というのをより具体的に言うと、得られた分配金をそのまま現金で持っておかずに、「得られた分配金で再度投資信託を買っていく」ということです。

・「分配金再投資」=「分配金で再度投資信託を買う」

なぜ分配金を再投資するのか?

では、なぜ分配金は再投資するべきなのでしょうか?

この問いに対しての結論は、「複利を効かせるため」、この一言に尽きます。

「分配金再投資を行う」ということがイコール「複利を効かせて運用する」ということなんです。

・「分配金再投資を行う」=「複利を効かせて運用する」

投資、特に長期投資において、この「複利のパワー」を味方につけることが超重要になってきます。

複利のパワーはあまりにも大きいんです。

あの偉大なる天才アインシュタインが「複利は人類の生み出した最大の発明」なんて口走ってしまうほどに、それほど複利って物はすごいんです笑(本当にすごいんです笑)。

「複利」の簡単なおさらい

「複利のパワー」なんて言われても、そもそも「複利」ってなんとなく聞いたとはあるけど実際よく分かっていない・・・って人も多いと思います。

なので、「複利」について簡単におさらいしておきます。

スムーズに理解する為に「単利」と合わせて説明します。

言葉で説明するより実例を見れば一目瞭然なので実例を出します。

「100万円を6%の単利で運用」した場合・・・

■1年後→100万円×6%=6万円の利益(トータル106万円)

■2年後→100万円×6%=6万円の利益(トータル112万円)

■3年後→100万円×6%=6万円の利益(トータル118万円)

このように「単利」では、当初の投資元本100万円に対する6%、つまり6万円がひたすら同じ金額で利益となります。

では「複利」で運用した場合はというと・・・

「100万円を6%の複利で運用」した場合・・・

■1年後→100万円×6%=6万円の利益(トータル106万円)

■2年後→106万円×6%=6.36万円の利益(トータル112.36万円)

■3年後→112.36万円×6%=6.7416万円の利益(トータル119.1016万円)

「複利」で運用した場合はこのように、「利益も元本に足し合わせて、その合計からさらに利益が生まれる」という形になります。

元本からだけでなく「利益からもさらに利益が生まれる」ということです。

ここで、「100万円を複利で運用したとても、3年でたったの1万円ちょっとの差じゃん、しょっぼ!!」と思うかもしれません。

でも「分配金再投資とかしょーもな!複利しょぼすぎじゃん!」なんて思わずにもうちょっと付き合って下さい笑。

「分配金再投資」が生む「複利のパワー」がどれだけすごいのか

さっきは3年間だけの運用で「単利」と「複利」とを比べましたが、今度はもっと長い期間で比べてみましょう。

条件はさっきと同じで、「投資元本100万円を、追加投資は一切なしで6%の単利及び、6%の複利で運用」した場合の比較です(見やすくするために小数点第3位以下は切り捨てて表示します)。

6%の単利6%の複利
0年目100 万円100 万円
1年目106 万円106 万円
2年目112 万円112.36 万円
3年目118 万円119.10 万円
4年目124 万円126.24 万円
5年目130 万円133.82 万円
6年目136 万円141.85 万円
7年目142 万円150.36 万円
8年目148 万円159.38 万円
9年目154 万円168.94 万円
10年目160 万円179.08 万円
11年目166 万円189.82 万円
12年目172 万円201.21 万円
13年目178 万円213.29 万円
14年目184 万円226.09 万円
15年目190 万円239.65 万円
16年目196 万円254.03 万円
17年目202 万円269.27 万円
18年目208 万円285.43 万円
19年目214 万円302.55 万円
20年目220 万円320.71 万円
21年目226 万円339.95 万円
22年目232 万円360.35 万円
23年目238 万円381.97 万円
24年目244 万円404.89 万円
25年目250 万円429.18 万円
26年目256 万円454.93 万円
27年目262 万円482.23 万円
28年目268 万円511.16 万円
29年目274 万円541.83 万円
30年目280 万円574.34 万円

ね?複利のパワーってすごいでしょ?笑

って言いたくなる結果ですよね笑。

同じ投資元本100万円でスタートして、追加投資一切なしで30年間運用した場合、「単利6%」だと30年目で280万円、「複利6%」だと同じ30年目で574.34万円です。

3年間だと1万円ちょっとしか差がなかったのに、それぞれ同じことを30年続けるとその差は約294万円にまで開きました

どうしてここまで差が開いたのか、もうなんとなく分かりますよね。

「複利のパワー」は「時間」が強力な武器になる

今見てきたように、「複利のパワー」は「時間」をかければかけるほど強力になるんです。

1年、2年ではその効果は薄いですが、長期運用をするのであればその「長期」という時間がそのまま武器になるということです。

だから、長期運用を前提とする「インデックス投資信託」では複利のパワーを最大化させる為に「分配金再投資」が超重要!ということです!

注目すべきは「金額の差」以上に、「倍率の差」

今回は分かりやすく説明するために投資元本を100万円としました。

その結果、単利と複利とで30年後に生まれた差が「約294万円」という差でした。

勘の良い人はここで気付くと思いますが、最も注目すべき所は「約294万円」という「金額の差」ではなく、「約2.94倍」という「倍率の差」です。

つまりどういうことかと言うと、投資元本が100万円の場合も1000万円の場合も1億円の場合も、同じ倍率で差が出るということです。

■投資元本100万円→約294万円の差

■投資元本1000万円→約2940万円の差

■投資元本1億円→約2.94億円の差

当たり前と言えば当たり前のことなんですが、こういった「本当に着目すべき点」をちゃんと認識しながら投資をすることが、結構大事だったりします。

「分配金再投資」は設定により自動で出来るので面倒ではないです

「分配金再投資」が超重要なのは分かったけど、実際は作業が増えそうでなんだか面倒くさそう・・・なんて思うかもしれません。

でも大丈夫です!

投資信託を買い付ける時に「分配金再投資コース」「分配金受け取りコース」かを選ぶようになっています。

最初に「分配金再投資コース」を選んでおけば、もうその後は何も作業は発生せず、勝手に、フルオートで「分配金再投資」をやってくれます。

めっちゃ楽ですね笑。

さいごに

頭では分かっているつもりなのに、行動にはなかなか反映できない・・・そんなことって結構ありますよね。

この「分配金再投資」もそうなってしまいがちな話なんですね。

「分配金は再投資した方が、複利のパワーで資産が増える」と頭では分かっているのに、つい「目の前に現金が欲しい」「現金を貰ったほうが安心するし嬉しい」と思ってしまうものです。

ただ、再投資を行わない投資法を否定する訳ではないですし、人によってはそれが最適解の場合だってもちろんある訳です。

投資スタイルはあくまで人それぞれですからね。

「再投資するのが正義!それ以外は悪!」だなんて極論を言うつもりはありません笑。

「長期投資を前提に投資信託で資産を最大化させる」のが目的であるならば、「分配金再投資」は必ず押さえておくべきテクニックの一つだということです。

自分が使える武器の選択肢を増やして、「自分の投資スタイル」に合った武器を選んで戦っていきましょう!

つづく・・・