PC関連

iPhoneのiTunesバックアップデータの保存先変更方法!【最短最速で解決】

どうも、おれんじ(OLANGE)です。

今回はタイトルの通り、

・最短最速で!!

・iPhoneのiTunesバックアップデータの!!

・保存先変更方法を!!

書いていきます笑。

余計なことを一切書かず、「最短最速で」お届けします!!!

(「最短最速で」というのは、細かいことを書くのが面倒だからという怠慢ではありません笑)

前回の記事は▼こちら▼です。

iPhoneのiTunesバックアップデータの保存先変更方法

早速いきます!

「最初に全体の流れを見ておきたい」という方は、上にある「目次」を先に見て下さい!

①現状の保存先を開く

まずは、下記の場所にiPhoneのバックアップデータが保存されているので、開いておきます。

「Windows(C:)」>「ユーザー」>「ユーザー名(人それぞれ)」>「AppData」>「Roaming」>「Apple Computer」>「MobileSync」>「Backup」

②新しい保存先を作る

新しい保存先(変更先)のフォルダを作ります。

フォルダ名は何でもいいですが、分かりやすいもの、半角英数字、にしておきましょう。

今回は下記の様に、Dドライブにフォルダを作ります。

「ローカル ディスク(D:)」>「itunes_backup」

③新しい保存先に、既存のバックアップデータを移動

先程作った「新しい保存先(itunes_backup)」に既存のバックアップデータを移動します。

元の「Backup」フォルダをそのままコピーして、「新しい保存先(itunes_backup)」に貼り付けます。

移動が完了したら、元のCドライブにあったデータは削除します。

(いきなり削除が怖い人は、元データの「フォルダ名を変える」作業だけしておいて、最終的には削除しましょう)

コピー&ペーストが完了したら、Cドライブの元データは削除。

④コマンドプロンプトを起動

コマンドプロンプトを起動します。

「いきなり何!?意味分かんない!!パニック!!」

ってならないでください笑。

作業自体は簡単です。

■画面左下の「ここに入力して検索」に「cmd」と入力。

 ↓

■コマンドプロンプトを「管理者として実行」する。

 ↓

■「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」には「はい」を選択。

「cmd」と入力して「管理者として実行」します。

脳死で「はい」をクリックします笑。

無事、コマンドプロンプトが起動します。

⑤呪文を入力する笑

コマンドプロンプトが無事起動したら、下記の呪文を入力します笑。

mklink /d “C:\Users\■■■\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup” “D:\itunes_backup\Backup”

・「■■■」の部分は、人それぞれのユーザー名。

・「D:\itunes_backup」の部分は、先程作った「新しい保存先」。

入力が完了したら「Enterキー」を押します。

その後、上図の通り「~のシンボリック リンクが作成されました」と表示されたら、無事、作業完了です!

⑥結果確認

作業は完了しましたが、結果は確認しておきましょう。

下記の点を確認します。

■Cドライブ上の元の場所に「Backup」というフォルダーが作成されている事を確認(ショートカットの見た目)。

 ↓

■上記フォルダを右クリックして「プロパティ」をクリック。

 ↓

■「ショートカット」タブにて、「リンク先」が「新しい保存先」になっている事を確認。

 ↓

■「ファイルの場所を開く」をクリックして、「新しい保存先」が開けばオッケー。

実際の確認画面を見ていきます。

↓↓↓

ここまで確認出来たら全て完了です!

お疲れ様でした!

さいごに

上記の作業を完了して、僕のCドライブも無事、まともな空き容量を確保できました笑。

前回の記事の通り「空き容量実質ゼロ」の状態から・・・

↓↓↓

139GBの空き容量を確保できました!!!

バーが赤くない・・・笑。

ドライブ全体で見ても健全な状態になりました。

iPhone自体のストレージが年々増大していく中で、僕と同じ様に「バックアップデータの増大」に困っている人は多いと思います。

今回の記事が、そんな悩みの解決策になれば幸いです!

ではでは~~