FIRE

【FIRE】FIRE(セミリタイア)は「いわゆるお金持ちの生活」のイメージとは違うことが多い、という現実

どうも、おれんじ(OLANGE)です。

いきなりですが質問です。

「FIRE(セミリタイア)を実現している人を、頭の中にイメージして下さい」

こう問われたら、どんなイメージをするでしょうか?

高級住宅街や高級マンションに住んで、高級外車を乗り回し、毎年の様に海外旅行に行き、子供は幼稚園から私立で・・・という「いわゆるお金持ちの生活」をイメージする人も多いのではないでしょうか?

結論から言うと「そうでない事の方が多い」という話なんですが、今回はその理由について書いていきます。

単純に「FIRE達成の定義」から考えれば納得

非常に単純に、シンプルに、「FIRE達成の定義」から考えれば一発です。

という訳で「FIRE達成の定義」を確認します。

【FIRE達成の定義】

年間生活費の25年分の資産を作る。

・上記の資産を利回り4%以上で回す

まず定義はこうでしたよね。

なお、「そもそもFIREって何?」という事については▼こちら▼の記事で書いていますので、参照してみて下さい。

さて、この定義に具体的な数字を入れてみましょう。

ここでは仮に「年間生活費400万円」として考えてみます。

「年間生活費400万円」というのは「いわゆるお金持ちの生活」ではないことは明らかですよね。

ここ重要です笑

その上で話を進めます。

・年間生活費は400万円。

・「FIRE達成」には年間生活費の25年分の資産が必要。

400万円 × 25年分 = 1億円

「年間生活費400万円」という、決して「いわゆるお金持ちの生活」ではない水準ですら、FIRE達成に必要な資産は「1億円」となります。

「1億円」という資産を持っている人は、間違いなく上位数%の「お金持ち」ですよね。

でも、「1億円」の資産を元に「FIRE」を実現しようとすると、「いわゆるお金持ちの生活」にはならないんです。

「FIRE」を前提とすると、「1億円」という大きな資産があっても、実現出来るのは「年間生活費400万円」の生活

これが、FIRE(セミリタイア)を達成している人であっても、「いわゆるお金持ちの生活」のイメージとは違うことが多いという答えになります

「1億円」という資産を作って「FIRE」を達成しても「いわゆるお金持ちの生活」にならないのか・・・と。

すると自然と、半ば逆ギレ気味に、次の様な疑問が沸いてきます笑。

じゃあ逆に「いわゆるお金持ちの生活」をしているのはどんな人なの?????

「1億円あっても金持ち生活出来ないんなら、金持ち生活してるのはどんな奴なんだよ!!!??!?!?!???」

ってなりますよね笑。

一旦冷静になって、パターン別に考えてみます笑。

「いわゆるお金持ちの生活」をしている人の代表的3パターン

■パターン①:数億、数十億という資産を元に「FIRE」を達成している「最強の人」

■パターン②:「FIRE」は達成していないけど、年収数千万、数億ある「高収入エリートの人」

■パターン③:年収1000万円くらいで自身を金持ちだと信じて、それだけで「金持ち生活」を実現しようとする「自転車操業の人」

パターン①:数億、数十億という資産を元に「FIRE」を達成している「最強の人」

これはもう「最強の人」です笑。

なれるもんならなってみたい、ただただ最強のパターンです笑。

例えば10億円の資産があれば、働かなくても毎年4000万円使えます

しかも4000万円使っても10億円の資産は減らないんです。

完全な、純然たる「お金持ち」です笑。

「お金持ち」のスーパー完全究極体の最終形態って所ですかね笑。

パターン②:「FIRE」は達成していないけど、年収数千万、数億ある「高収入エリートの人」

これが「いわゆるお金持ち」の典型的なパターンではないでしょうか?

自営業や会社社長なんかで、「働いてめちゃくちゃ稼いでいる人」ですね。

こういう人達が「いわゆるお金持ちの生活」を、ゆとりを持って実現出来る人ですね。

普通に羨ましいなあとも思う一方で、僕が目指すのは「働かなくてもいい状態」なので、個人的にはこれは目標点ではないです笑。

そもそも「ガンガン働いてガンガン稼ぐ」はしんどそうだから遠慮しておきます笑。

パターン③:年収1000万円くらいで自身を金持ちだと信じて、それだけで「金持ち生活」を実現しようとする「自転車操業の人」

これが、パッと見の外見は「いわゆるお金持ちの生活」をしてそうで、実はただの「自転車操業」をやっているだけの「破産予備軍」ですね笑。

年収1000万円というと、世間的には「高収入」と言われる水準です。

偉そうにこんな記事を書いている僕も、年収1000万円もありません笑。

でも、年収1000万円程度では「いわゆるお金持ちの生活」が出来ないのは、残念ながら事実です。

客観的事実なんです。

モデルケースで考察してみると・・・

例えば、一人で年収1000万円の人は少なくても、年収500万円くらいの人ならいくらでもいますよね?

で、年収500万円同士の夫婦がいればそれは「世帯年収1000万円」です。

これくらいの夫婦なら、探せばそこらへんにいますよね?笑

で、ここで質問です。

年収500万円同士の「世帯年収1000万円夫婦」は、高級住宅街や高級マンションに住んで、高級外車を乗り回し、毎年の様に海外旅行に行き、子供は幼稚園から私立で・・・という「いわゆるお金持ちの生活」をしていますか?出来そうだと思いますか?

答えは「NO」です笑

それなのに、なぜか「YES!!出来る!!」と勘違いしてしまって、「お金持ちの真似事」をしようとする人が後を絶ちません笑。

そういう人は残念ながら「破産予備軍」、もしくはもう既に「破産寸前」になっているので、今すぐ家計を見直しましょう。

「適正な家計」にさえしてしまえば、「世帯年収1000万円」なら間違いなく「小金持ち」にはなれます。

恵まれた環境をきちんと活かしていきましょう。

さいごに

なんだか偉そうに色々書いてきましたが、かく言う僕も、現状では「FIRE(セミリタイア)」も達成していなければ、「年収1000万円」のエリートリーマンでもありません笑。

ですが、「FIRE(セミリタイア)」を目指して日々頑張っています。

そして僕が目指すのは、他でもない「働かなくてもいい自由」を持った状態です。

「いわゆるお金持ちの生活」は目指していません

「大きな資産を作ってまで質素倹約な生活なんかしたくないわ!!」という人に「FIRE」というスタイルは向いていません。

でも、「質素倹約に努めるなら、働かなくてもいい自由を謳歌できる」という生活を望む人は、「FIRE」を目指してみる価値はあると思います。

僕はこれからも「FIRE(セミリタイア)」を目指していくので、そういう価値観に興味のある人は、ぜひ共に目指してみましょう!

ではでは~~