ANAマイル

ついに!陸マイラー必携の「ソラチカカード」を作ることを決意!

どうも、おれんじ(OLANGE)です。

今回は、陸マイラー(飛行機には乗らずに地上でマイルを貯める人々)で持ってない人はいないとすら言われる「ソラチカカード」の申し込みをしたので、報告と簡単な紹介をします!

「ソラチカカード」とは?

今回僕が申し込みをしたのは「ソラチカカード」、正式名称「ANA To Me CARD PASMO JCB」です。(”ソラチカカード”も公式での呼び名です)

このカードはJCBが発行するクレジットカードです。主な機能は、

■ANAマイレージクラブ「ANAカード」

■東京メトロ「To Me CARD」

以上の2つが主な機能となります。「ANA(ソラ)」と「東京メトロ(チカ)」の機能が1枚のカードに集約されているので「ソラチカカード」です。

「ソラチカカード」の何がすごいのか

陸マイラーで持ってない人はいないとすら言われる「ソラチカカード」ですが、何がそんなにすごいんでしょうか?

詳しくは後述するとして結論から言うと、「ポイントサイトのポイント→東京メトロポイント→ANAマイル」というルートでANAマイルが貯められる、という所がすごいんです!

ANAマイルの貯め方は主に3種類

ANAマイルの貯め方は主に以下の3種類です。

■ANA系の飛行機に乗ってANAマイルを貯める

■ANAカードで買い物をしてANAマイルを貯める

ポイントサイトで貯めたポイントを東京メトロポイントに交換、東京メトロポイントをANAマイルに交換

1番目の「ANA系の飛行機に乗ってANAマイルを貯める」は主に、よっぽど飛行機に乗る人、例えば「会社の出張で飛行機に乗りまくる人」とかでもない限り、なかなかマイルは貯まりません。

2番目の「ANAカードで買い物をしてANAマイルを貯める」ですが、これは今まで僕が実際に行っていた方法でもあり、「ソラチカカード」を持っていない人はこれがメインになると思います。

日常生活で発生するありとあらゆる出費をANAカードで決済すれば、そこそこマイルを貯めることができます(家賃、光熱費、公共料金、携帯代、食費、その他)。

3番目の「ポイントサイトで貯めたポイントを東京メトロポイントに交換、東京メトロポイントをANAマイルに交換」ですが、これがヤバいんです

ポイントサイトというとすごく沢山あるのですが(ここでは割愛します)、ポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルに交換できるんです!

1番目、2番目と具体的に何が違うかというと、「実際にお金を消費せずにANAマイルを貯めることができる」という点が最大の違いです!

ポイントサイトでのポイントの貯め方(概要だけ)

「実際にお金を消費せずに」と書きましたが、ポイントサイトでのポイントの貯め方は実に様々です。

ここでは一撃で多くのポイントを貯めることができる案件のみ例として挙げますが、「クレジットカード作成」や「FX口座等の証券口座の開設」などが一撃でかなりのポイントを稼げます。(広告のクリックでポイントを貯めたりという方法もありますが、雀の涙です)

そして注目すべきは、これらは「実際にお金を消費していない」ということです。(年会費がかかるクレジットカード案件等は除く)

ポイントサイトからANAマイルへの交換を実現するのが「ソラチカカード」

この裏ワザ的なANAマイルの貯め方を実現するのが「ソラチカカード」というわけです。

僕自身、旅行が好きなのでANAマイルはANAカードの決済で頑張って貯めていたのですが、「ソラチカカード」の存在を知り、「こんなの作るしかないじゃん!」と思ったわけです。

「ソラチカカード」を作るタイミング

「ソラチカカード」の存在を知ったのはかれこれ数か月前になりますが、すぐに作らなかったのには理由があります。

それは、キャンペーンによってANAマイルを大量取得できるから、キャンペーンの開始されるタイミングを待っていたのです。

現在、2019年1月15日から始まったキャンペーンがあり、このキャンペーン期間中に「ソラチカカード」を申し込み、一定の条件をクリアすれば最大37,700マイル相当を獲得することができます

ここでは詳細は割愛しますが、興味のある方はこちらの公式ページにてご確認ください。

「ソラチカカード」まとめ

そんなわけで今回、「ソラチカカード」の申し込みをしたわけですが、ANAマイルを貯めたいと思っている陸マイラーの方には必携とも言えるカードです。

今回の記事では概要のみの紹介に留めましたが、より詳しく知りたい方はANAマイルの貯め方についてのサイトが山ほど転がっているので検索してみてください。

以上、僕が申し込んだ「ソラチカカード」の概要でした。