転職

【転職】突然ですが路線変更です!封印されし禁断のカード「転職」を使う時が来ました・・・!

どうも、おれんじ(OLANGE)です。

2021年6月末・・・

突然ですがこの度、「転職」を決意しました!

1週間前までは転職の「ての字」も考えていませんでした、本当に笑。

が、僕の人生、決断する時はいつも急で、しかも一度決めるともう曲がりません笑

という訳で今回は、転職を決意するに至った経緯とか、今考えている事を書いていきます!

「転職しようかどうか考え始めている」という方の参考になれば幸いです!

「転職」を決意するまでの経緯

一言で言えば「家庭が崩壊しそうだから」です笑。

いや、笑い事じゃないんですけどね笑。

というのも、今年の5月に入るくらいまで、少しの間ですが僕の仕事が少しだけ落ち着きを見せていました。

それが5月、6月になる頃には完全に「弊社らしさ」を取り戻し、鬼の長時間残業が始まってきました。

毎日帰るのは23時、24時過ぎ・・・。

その間、妻は仕事が終わった後、子供を保育園に迎えに行き、寝るまで2人だけで頑張ってくれています。

僕も妻も休む時間が無いのです。

僕はまあそうは言っても前からこうなんですが、妻が特に限界を迎えつつあります。

もうこの「ワンオペ育児」は限界なのです。

まさに今、「家庭崩壊」に向かって一直線、というのが現状です。

「家庭崩壊」に向かう現状を脱する為に、考えられる選択肢

この「限界の現状」を変える為に、考えられる選択肢は大きく4つです。

なお、ここで言う「4つ」は一般論ではなく、我が家で話している、我が家の場合の話です。

①家事代行を導入する。

②妻が会社を辞める。

③僕が会社を辞める。

④僕が転職する。

それぞれについてざっと見ていきます。

①家事代行を導入する。

これは実はかなり前から「いつかは必要になるかもね」「もうこれしかなくない?」と話はしていました。

というのも我が家の場合、典型的な「核家族」で、僕と妻と子供の3人で暮らしています。

そしてお互いの両親は共に遠方で、日常生活で「ちょっと助けを借りる」が出来ない環境です。

そこで、やっぱり家事代行が必要になる時はいつか来るとは思っていましたが、まだ現実にはなっていません。

いざ頼むとなるとハードルが高そうという事、何を頼んだらいいか分からないという事、寝るまでずっとサポート出来るわけではないという事、などがあり、踏み切れていません。

そして、今では「覚悟」はしているものの、以前から僕が「金だけの関係の第三者を家に入れることにどうしても抵抗がある」と言っていたことがネックになってしまっている事も、大きな要因とは思っています・・・。

そんなこと言ってられる次元でなくなってきているのは理解しているつもりなので、いざとなったらこれしかないと、今では思っています。

が、今回の記事のタイトルの通り、これとは違う路線で現状打破をしようと試みています・・・。

②妻が会社を辞める。

これは世間一般に最もよくある形の1つですよね。

夫は仕事、妻は家庭、いわゆる「専業主婦」です。

このパターンの場合、単純計算で言えば、妻は今まで仕事をしていた時間がまるっとフリーになります。

しかし実際には、専業だと保育園は無理なので、保育園から幼稚園に変わりお迎えの時間が早くなったりします。

それに、幼稚園に預けている時間も、会社での仕事が無くなった分、「家事が出来てしまう」ことになるので、完全な休息の時間にはならないと予想できます。

そして最大の問題は、「子供を迎えに行った後の時間は今までと何も変わらない」ということです。

僕の長時間残業が変わらない限り、「夕方からのワンオペ育児」は解決しません

これでは根本的な解決にはなりません。

③僕が会社を辞める。

これは世の中的にはごく少数派の「専業主夫」の方のヤツですね。

願わくば僕はこうしたいのですが、これは許しが出ません笑。

④僕が転職する。

という訳で、色々と考えた結果、トータルで考えるとこれが最善策なのかなと思うに至りました。

「僕が転職する」という選択肢です。

これはもちろん「転職さえすればいい」という話ではありません

「残業が少ない、基本ゼロの会社」に転職しなければ意味がありません

なので、転職する以上はそういう会社を見極めることが最重要になります。

ともあれ、「僕が転職すること」が今打てる最善手だと考えたので、「もうこれしかない!転職だ転職!」となりました。

そしてほとんど事後報告って勢いで妻に「転職で全てを解決するわ!」と話しました笑。

現時点での「転職」全般に関する知識レベル

この記事のタイトルにも入れた通り、僕にとって「転職」は「路線変更」です。

もう少し具体的に言えば「今まで全く考えてもいなかった未知の領域」ということです。

今までは、「今の仕事+副業でFIRE(セミリタイア)を目指す」のが既定路線でしたからね。

そして「未知の領域」というのは読んで字の如く、「転職という分野に関してほとんど知識が無い」ということを意味します。

なので、転職を成功させる為には「最低限の知識」を入れることが急務になります。

とはいえ、「事前準備ばかりで頭でっかちになって実態は全く前進しない」なんてことは避けたいので、あくまでスピーディに進めるつもりです。

現時点での知識レベル

ざっと箇条書きにします。

「転職サイト」「転職エージェント」とがあり、それぞれ全くの別物。

「転職サイト」は、サイトに載っている求人を自分で探して自分で応募する。

「転職エージェント」は、エージェント(人)と相談して、自分に合った求人を紹介してくれる。面接の日程調整や、年収交渉なんかも行ってくれる。

・いわゆる「ハイクラス求人」といった、年収の高い求人は、ハイクラス求人が得意な転職エージェントを活用するといい。

こんな感じでしょうか。

ここまで分かってれば正直十分だろ、とも思っているので、後は短期間で相場観、つまり「今の自分の妥当な年収、条件」を把握することが重要になってきます。

結論、さっさと転職エージェントに登録して話をした方がいいってことですね。

さいごに

余談ですが、今回「転職」を決意したことによって、目の前が明るくなりました、はっきりと、明確に。

今の会社に入ったのは無論、自分から望んでのことですが、「この先30年以上の人生がほぼ決まってしまった絶望感」があったのも事実です。

いつかの記事でも書いたような気がしますが、「より強固な安定を手に入れる」ということは、「先が見えている人生を歩む」ということになります。

もちろん、それが良いという人も多いと思いますし、別にそれが「良いとか悪いとか」って話でもありません。

ただ、僕の場合は「先が見えている人生」に一種の絶望を感じる人種なんです笑

なので今回、経緯はともあれ、「今の会社を辞めて新たなルートにチェンジ出来る!」と確信した時、めちゃくちゃワクワクしました笑。

今までうっすらと、でも確かに感じ続けていた絶望が無くなり、目の前が明るく晴れました!

「自分が主導権を握って、自分の人生を動かしている時」はいつも、こういう晴れ晴れとした気持ちになります。

今度入る会社では「人間らしい生活」が出来るように、転職活動、全力で頑張ります笑。

そして、これからしばらくは、このブログは「転職奮闘記」になると思います笑。

ではでは~~